淋菌性尿道炎の口コミ | 待たない新宿の性病科を探しています―新宿駅前クリニックの口コミ・評判

HOME » 淋菌性尿道炎 » 淋菌性尿道炎の口コミ

淋菌性尿道炎の口コミ

PUP4さん 20代 男性

友人と風俗にいったあと、数日後に排尿時に違和感を感じるようになりました。
性病を移されたのかも、とドキドキしていましたが、様子をみていたらだんだん痛みが増してきて、激しい痛みに代わりました。
それと同時に白い膿のようなものもでてきて、性病をうつされた、と確信しました。
友人に相談したところ、友人は特に症状がないということで、自分だけひどい、と思いましたが、すぐに泌尿器科に行くよう勧められ受診することにしました。

病院で風俗に行ったことや膿が出ること、痛みがひどいことを伝え、陰部をみてもらうと淋病が原因で尿道炎をおこしている、と言われました。
薬を処方され、飲み切った後に再度尿検査で菌がいなくなっているか確かめるのでもう一度来るように言われました。
正直、もう一度行くのは面倒でしたが、菌が残って再発するのはもっと避けたいと思い、10日後に再度病院に行きました。
尿検査の結果、もう大丈夫ということで、ホッとしたので、やはりもう一度病院にいってよかったです。
淋病はよくかかりやすい性病なので注意するよういわれたのと、不特定多数の相手との性行為は控えるように暗に言われました。

syoujiさん 60代 男性

尿道から膿が出てきたので、性病に掛かったと思い、病院へ行きました。
症状は膿が出ただけで、他に痛いとかは何もなかったのですが、性病だと心配なので、ともかく病院へ行きました。
視察を受けると、やはり性病の、淋病でした、薬を処方されて、直ぐになをりましたが、性病はその時だけですね。この様な症状で病院へ行くのは、中々勇気のいる物ですね。
パンツも脱がされてしまいますから、病気よりそちらの方がつらいかもしれませんが、思い切って行くしかない様ですね。

思い通り、看護婦さんに、パンツを下げられて、準備をして、先生が確かめて淋病だとのことです。
どこで移されたかは、風俗で写されたようです。
そんな事を看護婦さんの前でいうのも勇気がいるものです
淋病は薬を飲んで、直ぐに直りましたが、泌尿器科へは,中々行きにくいものです。
自分の物をすべて見られているようで、病院も自分の住んでいる町では無く、ほかのまちの病院まで行きました、そんなものかもしれませんね。
男は結構心が弱いのかもしれませんね。
それでも最後は腹をくくらなくてはなりません、自分が遊んだつけがこの様な状態になったのですから、仕方なことなのですね、
そう思い、大切なところを看護婦さんに見られても仕方ありませんね。