【尿道炎】様子をみても治らず受診 | 待たない新宿の性病科を探しています―新宿駅前クリニックの口コミ・評判

HOME » 尿道炎 » 【尿道炎】様子をみても治らず受診

【尿道炎】様子をみても治らず受診

でらいさん 男性 30代
ある日、排尿時などに陰部に鈍い痛みを感じるようになりました。
炎症や、はれ、しこりといった外からわかる症状は特になかったように記憶しています。
その際、ネットで性病などについて調べたのですが、特に自分の症状に該当する病気が見当たらなかったため、少し放っておいたら治るだろうとしばらくそのまま放置していたのですが、なかなか痛みが引かず、一週間後くらいに、あまりに気になったので、近隣にある泌尿器科にかかりました。

とくに陰部を診察されることはありませんでした。
尿検査をされ、性病などにかかるような心当たりはあるか確認されました。可能性は低いと思うけれど、ないことはない、という回答をしました。
簡単な尿検査の結果は即日出て、おそらく性病などの可能性はないと思うけれど、ということで、抗生物質のジスロマックを処方されました。
処方された薬を指示通りに飲み続けた結果、痛みは気にならなくなりました。
1週間ほどあとに検査結果を確認しに再び病院に行った結果、淋病などの性病は検出されなかったと教えていただきました。
その際、現在の症状などを聞かれ、問題ないと回答し、診察は終了しました。
病名としては、ウイルス性の尿道炎ということになるそうです。

ZEROさん 男性 40代
デリヘルを週1で使用している状況が続いていました。
ある日、小便をするだけで痛みが走るようになりました。
気持ち、袋のほうも痛いですし、痛みのため、うまく小便が出きらない(残尿感がある)状態です。
前からよくこのような症状が現れることがありましたが、数日で痛みは消えていたため、何日か様子を見ていました。
しかし、3日経ってもよくならず、これはいつもと違うものなのか?と思い、勇気を出して泌尿器科を受診しました。

自分では性病を疑っていました(亀頭の周りに白いブツブツもあり、尖形コンジローマ?と思いましたが、実はフォアダイス)。
尿検査や触診(恥ずかしかった)、血液検査を行いましたが、結果としては尿道炎でした。
デリヘルの影響も多少あるという話でした。
薬を処方してもらい、「あまり派手に遊びすぎないように」と注意されました。
私自身として考えるのは、おそらく、もったいない(年齢によるものか、1回出してしまうと、次の回復までに時間がかかる)ので我慢しすぎたというのが大きな要因だったのでしょう。
それからは、少し怖くなったため、利用回数も減りました。
あの通院以来はおかげさまで痛みは発生していません。
あんな恥ずかしい思いをするのはもう沢山です。