【性器ヘルペス】パートナーも要注意 | 待たない新宿の性病科を探しています―新宿駅前クリニックの口コミ・評判

HOME » 性器ヘルペス » 【性器ヘルペス】パートナーも要注意

【性器ヘルペス】パートナーも要注意

かじゅううさん 男性 30代
生での性交後の翌朝、カリ首の右側が赤く少しはれていることに気がつきましたが、日頃から性交後はカリ首が赤くなることがよくあったので特に気にはしませんでした。
夜になり、お風呂で右側のカリ首に赤いぶつぶつが4つあることに気がつき、触ると少しの痛みを感じました。
いままでぶつぶつができたことはなかったので、少し心配しましたが、まぁ治るだろうと放置しました。

しかし、症状はだんだんと重くなり、ぶつぶつの数こそ増えませんでしたが、シャワーの湯があたるだけで激痛がはしりました。
これはやばいとネットで症状を検索すると、画像検索などでもヒットして、おそらく性器ヘルペスだろうと目星をつけることができました。
放置しても治るが、完治はないと書いてあり、激痛もあいまって怖くなり、最寄りの泌尿器科を受診することに決めました

泌尿器科でみてもらうと、一目見て性器ヘルペスだな、と言われました。
感染経路や感染拡大を調べる為に、性行為等の経歴を詳しく聞かれました。
最初は性病ということで、恥ずかしい思いでしたが、最近は若い子でもヘルペスやクラミジアといった性病が増えているらしく、また、その危険性についても説明され、ちゃんと診察を受けてよかったと思えました。

治療はカリ首に塗る塗り薬と、飲み薬、あとは経過観察の為の3日に1回の通院でした。
通院した時は毎回注射をうたれましたが、おそらく抗生剤のようなものだったと思います。
治療を開始して1週間ほどで、目に見えるぶつぶつは完全になくなりました。
しかし、お医者さんの説明では、完全にヘルペス菌が、身体の中からなくなることはないそうで、また、身体の抵抗が弱ったりすると、同じような症状がでるそうです。

もし、症状が出てる時に、自分のパートナー等と性行為をしてしますと、自分の大切な相手に病気をうつしてしまうことになるので、まず第一にコンドームをつけることが必要だと、改めて思い知りました。
今回病院で診察を受けたことにより、性病の危険性と怖さをしっかり認識することができました。
もし、気になる症状があらわれた方は早めの受診をおすすめします。
治療費も通院すべてあわせて5千円ほどでした。

iayakau43さん 男性 30代
私には同棲している彼女がいます。その彼女が女性器の痒みがあるということで、近くの皮膚科を受診しました。
帰ってきた彼女が「性器ヘルペスだった。皮膚科の先生から、彼氏と性行為してるなら、彼氏も感染している可能性がある。」と言いました。
私は特に症状もなかったので、病院の受診をしませんでした。しかし、3日ほど経つと男性器の痒みと男性器に赤いぶつぶつが出現してきたので、彼女が受診した皮膚科を急いで受診しま

彼女が言っていた通り、とても清潔感のある皮膚科でした。
皮膚科の先生もとても優しそうな印象で丁寧な口調でした。
私が症状や彼女が性器ヘルペスであること、性行為を行っていることを話すと、すぐに検査してくれました。
検査の結果は、思っていた通り性器ヘルペスでした。
性器ヘルペスはヘルペスウイルスという微生物が原因なので、抗ウイルス剤による治療が必要と言われました。
症状が結構強いので、薬を2種類処方すると言われ、バルトレックスという飲み薬とゾビラックスクリームという軟膏剤を処方してもらいました。
彼女とは違う薬を処方されたのでちょっと不安でしたが、薬を使用し始めてすぐに症状は劇的に良くなりました。
3日後にはほとんど症状がなくなりましたが、薬剤師の先生に教えられた通り、バルトレックスを飲み切って治療は終了しました。