【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切 | 待たない新宿の性病科を探しています―新宿駅前クリニックの口コミ・評判

HOME » 尿道炎 » 【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切

【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切

壱紀さん 男性 30代
尿道にかゆみを感じ、さらに股間部分もかゆみを感じていました。
汗で股間全体がかぶれ、かゆみを抑えるためにかいたりしたから炎症が起きて少し腫れや痛みもあったので、大事な部分でもあるから早めに病院を受診して治療たほうが良いと思って行きました。

病院は近所にある病院にしました。
泌尿器科として治療実績が高くあり、以前にも違う症状で受診したことがありましたが、適切に処置してくれたから安心して治療が受けられると考えました。

尿道炎という診断を受けました。
汗で蒸れてかぶれてしまい、かぶれたところと下着が擦れて炎症が起き、そこから細菌が入って尿道炎になりました。
抗生物質を処方してもらい、さらに他にも股間部分でかぶれているところもあったから塗り薬ももらいました。
かぶれから炎症は塗り薬のおかげですぐに治まりましたが、かゆみなどはなかなか治まらず、できるだけ股間部分の風通しを良くするように気を付けることで一週間程度で症状が改善するようになりました。

これまで下着をブリーフタイプを使用していましたが、トランクスやボクサーパンツといった股間を締め付けないような下着にすることで発症する前のような汗による蒸れはなくなり、再発を防ぐことができています。

jose_strangerさん 男性 30代
20代の頃、当時付き合っていた彼女との間に当然性交渉がありました。
付き合い始めて半年ほど経ったある日のこと。
いつものように性交渉があり、そのあとぼーっとテレビを観ていました。すると、なんとなく陰部が鈍く痛みました。
最初は睾丸のあたりが鈍く痛んでいる気がしていましたが、徐々に痛みは陰茎の方だと分かりました。
いつの間にか包皮が赤く腫れていました。幸い土曜日だったので急いで近所の泌尿器科に向かいました。

どんな診察があるのだろうと、始まる前はびくびくしていましたが、したのはトイレでの尿検査でした。
昔はあそこに綿棒をつっこんで…なんていう話も聞いていましたから非常に怖く思っていたのですが今は尿検査でなんの種類の菌か分かってしまうそうです。
検査の結果、淋病ということが分かりました。
処方としては抗生物質のジスロマックをいただきました。
かならず飲みきるようにということと、治るまではパートナーとの性交渉の禁止とアルコール摂取の禁止の指導を受けました。
飲酒については一度約束をやぶって飲んでしまうことがありました。
そうすると患部は見事に腫れてしまいました。
結局薬を飲みきって完治しましたが先生の言いつけはかならず守らなければいけないと身にしみて感じました。