亀頭包皮炎:軟膏で治った

ペン太さん 男性 40代
正直、あまりマメにシャワーを浴びる方ではないので、これまでもかゆみなどの症状が出る時はたまにあったが、たいていは数日間連続できちんと洗うと治っていた。
ところが、ある初夏の時期にやはりかゆみを生じたので、いつものように普段使いの男性用ボディーソープで洗ったとのろ、かゆみとは別のひりひりするような痛みがあり、また少し赤くただれたようにも見えた上に、数日前にいわゆるカップル利用のホテルを使った心当たりもあったので、もしや性病では?と思い、診察を受けに行きました。

病院選びに関しては、10年以上何かと外科や内科で面倒を見てもらっている病院が、そう言えば泌尿器科の表示もあったような?と思い、先生は30代の女医さんであるところに若干のはずかしさもあったのですが、まぁ馴染みだしと思い診察を受けに行ったところ、実は泌尿器科が得意分野であると聞いて安心して治療を受けました。
やはりデリケートな部位なのでなかなか友人や知人にアドバイスを求めるのも気が引けていたのですが、時々カップル利用のホテルを使う話や、「私個人が気をつけたい性病」の話を聞かせていただけたので、それ以降はまめに局部だけでも毎日洗うようになりましたし、患ってから医師の話を聞くまでの、また過去も含めての性病に対する不安なども拭い去っていただけたので、診てもらって本当に良かったと思います。
手当としては軟膏を塗ってもらい、その軟膏を処方されてしばらく自宅で塗布していたところ、思っていたよりも早く三日ほどでかゆみも赤みも引きました。

Continue reading “亀頭包皮炎:軟膏で治った”

尖圭コンジローマは窒素で焼いて治療することも

アルフレッドさん 男性 30代
温泉などが好きでよく温泉巡りや銭湯に行きますが、銭湯に行ってから性器の近くに小さなイボができていました。
痛みなどが特になかったから最初はあまり気にしていませんでしたが、時間の経過と共に徐々にイボの数が増えており、段々、不安になってきたので、病院に行くことにしました。
泌尿器科に行くか皮膚科に行くか迷いましたが、幸いにも近所にどちらの診療科を持つ有名な病院があったので、その病院にに行くことにしました。
診察結果は尖圭コンジローマでした。
医師の診察前の看護師の聞き取りで患部を見てすぐに看護士から言われたので罹っている人が多いのかとも思いましたが、すぐに症状が分かったから気持ち的には少し楽になりました。

そして、治療に関しては外科的治療と薬用治療があるといわれ、外科的治療は直接患部を治療するので完治が早いということでしたが、窒素を使うというのが少し怖かったから薬用治療を選択しました。
塗り薬と服用薬が処方されましたが、完治するまで1か月以上かかりました。
小さなイボはすぐになくなりましたが、成長して大きくなっていたイボはなかなか小さくならず、後もしばらく残ったので、もう尖圭コンジローマには二度と罹りたくないと思いました。
Continue reading “尖圭コンジローマは窒素で焼いて治療することも”

陰部のかゆみは汗や蒸れなども原因になる

みんとめろんさん 男性 40代
ものすごくデリケートゾーンがかゆくて困っておりました。

デリケートゾーンのかゆみの原因は下着などでむれているため、かゆいのだろうと思っておりました。
とくに性病などに関しては思いあたることは、ございませんでしたのでデリケートゾーンに汗をかいてかゆくなったのだと思いましたね。
毎日デリケートゾーンがかゆかったのですが病院には、いかずに毎日をすごしていたのですが
さすがに毎日ものすごくデリケートゾーンがかゆかったので病院でみてもらうことにしましたね。

病院ですが皮膚科または泌尿器科どちらへいけばよいのであろうかと思いましたね。
やはりデリケートゾーンであるために皮膚科と泌尿器科どちらもある病院でみてもらいましたね。

病院にいく前ですがシャワーでデリケートゾーンをきれいにしてからいきました。
病院で先生にみていただきデリケートゾーンのかゆみの原因を説明してくださりました。

デリケートゾーンのかゆみの原因は性病などによるかゆみではなく下着などでむれているためにかゆみがでているとのことです。
病院では塗り薬をもらいました。
毎日塗り薬をデリケートゾーンに塗ることによってデリケートゾーンのかゆみがなくなり本当によかったです。
もっとはやく病院にいってみてもらえばよかったかと思いますね。
Continue reading “陰部のかゆみは汗や蒸れなども原因になる”

【性病検査】血液検査などで診断を

ルシファー300さん 男性 40代
ある日、入浴中に自分の性器を見て何かがいつもと違うことに気が付きました。
亀頭の裏側や包皮のあたりにびっしりと白いカスのようなものがこびりついているのです。
しかも何となく亀頭が赤みを帯びていて若干のかゆみがあるのです。
全く知識のなかった私はあわててシャワーで洗い流しましたがその後もかゆみは残り数日後にはまた白いカスのようなものがびっしりと付いているのです。
これは何らかの病気にかかってしまったと慌てふためき診察を受けようと思いました。

自分の性器がこのような状態になってしまっている状態で病院に行くのには非常に勇気がいりました。
もしかして特殊な病気なのではないかと恐れおののいておりましたがこのままでは悪くなる一方のように感じられたので思い切って診察を受けました。
病院の先生の診断はカンジダという菌による症状だということでした。
初めて聞く言葉でしたが誰にでも起こりうるもので通気が良くない状態が続くこととストレスなどで体が弱っている時に起きると言われました。
とりあえず局部をキレイに保つことと軟膏を処方されましたが一番のネックは他者に感染するということでした。
当時の私は付き合っていた彼女がいたのですがこの話をしても浮気を疑われるのではないかと戦々恐々としたことです。
事実、彼女にこの話をすると激怒して軽蔑されました。その後、しっかりと治りました。
Continue reading “【性病検査】血液検査などで診断を”

【尿道炎】様子をみても治らず受診

でらいさん 男性 30代
ある日、排尿時などに陰部に鈍い痛みを感じるようになりました。
炎症や、はれ、しこりといった外からわかる症状は特になかったように記憶しています。
その際、ネットで性病などについて調べたのですが、特に自分の症状に該当する病気が見当たらなかったため、少し放っておいたら治るだろうとしばらくそのまま放置していたのですが、なかなか痛みが引かず、一週間後くらいに、あまりに気になったので、近隣にある泌尿器科にかかりました。

とくに陰部を診察されることはありませんでした。
尿検査をされ、性病などにかかるような心当たりはあるか確認されました。可能性は低いと思うけれど、ないことはない、という回答をしました。
簡単な尿検査の結果は即日出て、おそらく性病などの可能性はないと思うけれど、ということで、抗生物質のジスロマックを処方されました。
処方された薬を指示通りに飲み続けた結果、痛みは気にならなくなりました。
1週間ほどあとに検査結果を確認しに再び病院に行った結果、淋病などの性病は検出されなかったと教えていただきました。
その際、現在の症状などを聞かれ、問題ないと回答し、診察は終了しました。
病名としては、ウイルス性の尿道炎ということになるそうです。
Continue reading “【尿道炎】様子をみても治らず受診”

【性器ヘルペス】パートナーも要注意

かじゅううさん 男性 30代
生での性交後の翌朝、カリ首の右側が赤く少しはれていることに気がつきましたが、日頃から性交後はカリ首が赤くなることがよくあったので特に気にはしませんでした。
夜になり、お風呂で右側のカリ首に赤いぶつぶつが4つあることに気がつき、触ると少しの痛みを感じました。
いままでぶつぶつができたことはなかったので、少し心配しましたが、まぁ治るだろうと放置しました。

しかし、症状はだんだんと重くなり、ぶつぶつの数こそ増えませんでしたが、シャワーの湯があたるだけで激痛がはしりました。
これはやばいとネットで症状を検索すると、画像検索などでもヒットして、おそらく性器ヘルペスだろうと目星をつけることができました。
放置しても治るが、完治はないと書いてあり、激痛もあいまって怖くなり、最寄りの泌尿器科を受診することに決めました

泌尿器科でみてもらうと、一目見て性器ヘルペスだな、と言われました。
感染経路や感染拡大を調べる為に、性行為等の経歴を詳しく聞かれました。
最初は性病ということで、恥ずかしい思いでしたが、最近は若い子でもヘルペスやクラミジアといった性病が増えているらしく、また、その危険性についても説明され、ちゃんと診察を受けてよかったと思えました。

治療はカリ首に塗る塗り薬と、飲み薬、あとは経過観察の為の3日に1回の通院でした。
通院した時は毎回注射をうたれましたが、おそらく抗生剤のようなものだったと思います。
治療を開始して1週間ほどで、目に見えるぶつぶつは完全になくなりました。
しかし、お医者さんの説明では、完全にヘルペス菌が、身体の中からなくなることはないそうで、また、身体の抵抗が弱ったりすると、同じような症状がでるそうです。

もし、症状が出てる時に、自分のパートナー等と性行為をしてしますと、自分の大切な相手に病気をうつしてしまうことになるので、まず第一にコンドームをつけることが必要だと、改めて思い知りました。
今回病院で診察を受けたことにより、性病の危険性と怖さをしっかり認識することができました。
もし、気になる症状があらわれた方は早めの受診をおすすめします。
治療費も通院すべてあわせて5千円ほどでした。
Continue reading “【性器ヘルペス】パートナーも要注意”

【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切

壱紀さん 男性 30代
尿道にかゆみを感じ、さらに股間部分もかゆみを感じていました。
汗で股間全体がかぶれ、かゆみを抑えるためにかいたりしたから炎症が起きて少し腫れや痛みもあったので、大事な部分でもあるから早めに病院を受診して治療たほうが良いと思って行きました。

病院は近所にある病院にしました。
泌尿器科として治療実績が高くあり、以前にも違う症状で受診したことがありましたが、適切に処置してくれたから安心して治療が受けられると考えました。

尿道炎という診断を受けました。
汗で蒸れてかぶれてしまい、かぶれたところと下着が擦れて炎症が起き、そこから細菌が入って尿道炎になりました。
抗生物質を処方してもらい、さらに他にも股間部分でかぶれているところもあったから塗り薬ももらいました。
かぶれから炎症は塗り薬のおかげですぐに治まりましたが、かゆみなどはなかなか治まらず、できるだけ股間部分の風通しを良くするように気を付けることで一週間程度で症状が改善するようになりました。

これまで下着をブリーフタイプを使用していましたが、トランクスやボクサーパンツといった股間を締め付けないような下着にすることで発症する前のような汗による蒸れはなくなり、再発を防ぐことができています。
Continue reading “【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切”

【陰部のぶつぶつ】診察してもらい適切な処理を

たこさん 男性 50代
若いころは川崎に住んでおりましたが、風俗遊びが好きで、毎週のようにソープやファッションヘルスに通っていました。
ある時よく指名していた女の子が体調を崩して休んでいると言うのを聞きましたが、同じ時期に少し陰部が痒い様な感じになり、もしかして性病なのでは?と心配になりました。
当時はエイズがニュースなどで報じられるようになった時期でもあったため、エイズだったらどうしよう、と気になりだしました。エイズ検査も兼ねて、陰部の痒みについて一度診察して貰おうと都内の性病クリニックに行って見ることにしました。

エイズ検査と言うことでまずは採血をしてもらい、問診や性交渉の経験についても聞かれ、素直に経験人数とどのような行為をしていたかを話しました。
次に診察台に乗り、パンツを下ろして寝るように指示されます。
陰茎を外から一通り診察され、次は皮を剥いて亀頭の部分やクビレの部分を診てもらいました。
陰部をまじまじと見られるのは初めてのことでしたので、ちょっと恥ずかしかったのですが、その時に先生に言われたのが亀頭のクビレ部分に小さいプツプツが出来ているということでした。
まさか性病で痒みが出ているのでは?と思って聞いてみましたが、先生の診察結果としては、昔の包茎の頃に出たプツプツということで問題は無いということでした。
痒みについては恥ずかしいことに良く洗っていないため、少し不潔になり痒みが出たとのことで淋病のような性病では無いとの事でした。
なお、当時は仮性包茎でしたので皮をよく剥かずに洗い、恥垢が残ったままの状態だったので痒みが出たのではないか?ということでした。以降よく皮を剥いて洗うようにしてからは痒みも治まりました。エイズ検査についても陰性でしたので一安心しました。
それ以来風俗もちょっと怖くなり行くのを辞めてしまいました。
Continue reading “【陰部のぶつぶつ】診察してもらい適切な処理を”

【尿道炎】抗生物質で完治

孝蔵さん 男性 30代

ずっと気になっていた女性と知人が主催する飲み会で一緒になり、その後も2次会など行ってから酔っぱらった勢いで性行為をしました。
しかし、お酒の酔いが収まった翌朝に彼女から性病の治療中の話を聞き、病院を受診したほうが良いということで病院に行くことにしました。
一応、自覚症状はありませんでしたが、早めに治療したほうが症状の重症化や完治が早いと思い、病院に関しても彼女が通院している病院を紹介してもらって行くことになりました。

診断は尿道炎でした。
抗生物質を処方され、服用薬での治療となりましたが、元々、それほど痛みといった症状がなかったから全くつらくない治療でした。
治療機関に関しては思っていたよりも時間が掛かりましたが、無事に完治することができました。
さらに治療に関して保険が適用される治療だったから費用が抑えられたのも良かったと思います。
また、診断された時は家族と同居していたこともあり、家族に感染しないようお風呂に入る時には気を遣いました。

そして、性病を移した彼女とは同じ恥ずかしい秘密を共有したことから親しくなって連絡を取り合うようになり、症状が完治した後に付き合うことになりました。
ただし、付き合った馴れ初めに関して恥ずかしくて友人たちには話していません。
Continue reading “【尿道炎】抗生物質で完治”

性器ヘルペスの口コミ

TTさん 30代 男性

思い返すと親が口唇ヘルペスにかかっていたのでそのウイルスを持っていたんだと思います。
これまで違和感を感じたことはなかったのですが、性器に茶色っぽい水いぼのようなものができているのに気が付きました。
特に心当たりはなかったのですが、下半身の問題なので、放置するのはこわかったので迷った末に病院に行くことにしました。
腫れたり、痛みがなかったので病院に行くのがすこし遅くなってしまったのですが、ちゃんと病院にいってよかったです。

問診票に症状を記載し、医師に説明すると「血液検査をしましょう」ということになりました。
血液検査の結果、「性器ヘルペス」であることがわかりました。
ここで初めて親のヘルペスについて思い出しました。
きっとずっとヘルペスウイルスをもっていて、今回症状が出るようになったんだと思いました。
薬を処方されまた気になる点がでてきたら受診するように言われました。
病院自体はきれいで待ち時間も少なく、フレンドリーすぎる感じもなかったのでよかったです。
あまり話しかけられたり、ニコニコされすぎるのも少し恥ずかしいので、ちょうどいい感じでした。
ですが、できればもう泌尿器科にはお世話になりたくないので、再発しないことを祈っています。

Continue reading “性器ヘルペスの口コミ”