尿道炎 Archives | 待たない新宿の性病科を探しています―新宿駅前クリニックの口コミ・評判

HOME » 尿道炎

尿道炎

【尿道炎】様子をみても治らず受診

でらいさん 男性 30代
ある日、排尿時などに陰部に鈍い痛みを感じるようになりました。
炎症や、はれ、しこりといった外からわかる症状は特になかったように記憶しています。
その際、ネットで性病などについて調べたのですが、特に自分の症状に該当する病気が見当たらなかったため、少し放っておいたら治るだろうとしばらくそのまま放置していたのですが、なかなか痛みが引かず、一週間後くらいに、あまりに気になったので、近隣にある泌尿器科にかかりました。

とくに陰部を診察されることはありませんでした。
尿検査をされ、性病などにかかるような心当たりはあるか確認されました。可能性は低いと思うけれど、ないことはない、という回答をしました。
簡単な尿検査の結果は即日出て、おそらく性病などの可能性はないと思うけれど、ということで、抗生物質のジスロマックを処方されました。
処方された薬を指示通りに飲み続けた結果、痛みは気にならなくなりました。
1週間ほどあとに検査結果を確認しに再び病院に行った結果、淋病などの性病は検出されなかったと教えていただきました。
その際、現在の症状などを聞かれ、問題ないと回答し、診察は終了しました。
病名としては、ウイルス性の尿道炎ということになるそうです。
≫ 『【尿道炎】様子をみても治らず受診』

【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切

壱紀さん 男性 30代
尿道にかゆみを感じ、さらに股間部分もかゆみを感じていました。
汗で股間全体がかぶれ、かゆみを抑えるためにかいたりしたから炎症が起きて少し腫れや痛みもあったので、大事な部分でもあるから早めに病院を受診して治療たほうが良いと思って行きました。

病院は近所にある病院にしました。
泌尿器科として治療実績が高くあり、以前にも違う症状で受診したことがありましたが、適切に処置してくれたから安心して治療が受けられると考えました。

尿道炎という診断を受けました。
汗で蒸れてかぶれてしまい、かぶれたところと下着が擦れて炎症が起き、そこから細菌が入って尿道炎になりました。
抗生物質を処方してもらい、さらに他にも股間部分でかぶれているところもあったから塗り薬ももらいました。
かぶれから炎症は塗り薬のおかげですぐに治まりましたが、かゆみなどはなかなか治まらず、できるだけ股間部分の風通しを良くするように気を付けることで一週間程度で症状が改善するようになりました。

これまで下着をブリーフタイプを使用していましたが、トランクスやボクサーパンツといった股間を締め付けないような下着にすることで発症する前のような汗による蒸れはなくなり、再発を防ぐことができています。
≫ 『【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切』

【尿道炎】抗生物質で完治

孝蔵さん 男性 30代

ずっと気になっていた女性と知人が主催する飲み会で一緒になり、その後も2次会など行ってから酔っぱらった勢いで性行為をしました。
しかし、お酒の酔いが収まった翌朝に彼女から性病の治療中の話を聞き、病院を受診したほうが良いということで病院に行くことにしました。
一応、自覚症状はありませんでしたが、早めに治療したほうが症状の重症化や完治が早いと思い、病院に関しても彼女が通院している病院を紹介してもらって行くことになりました。

診断は尿道炎でした。
抗生物質を処方され、服用薬での治療となりましたが、元々、それほど痛みといった症状がなかったから全くつらくない治療でした。
治療機関に関しては思っていたよりも時間が掛かりましたが、無事に完治することができました。
さらに治療に関して保険が適用される治療だったから費用が抑えられたのも良かったと思います。
また、診断された時は家族と同居していたこともあり、家族に感染しないようお風呂に入る時には気を遣いました。

そして、性病を移した彼女とは同じ恥ずかしい秘密を共有したことから親しくなって連絡を取り合うようになり、症状が完治した後に付き合うことになりました。
ただし、付き合った馴れ初めに関して恥ずかしくて友人たちには話していません。
≫ 『【尿道炎】抗生物質で完治』